FC2ブログ
美の歴史
RSS
Admin
Archives

☆だんだらだらだら☆

記憶力がないアラサーのブログ。演劇/ミュージカル/宝塚/歌舞伎/映画/美術館/フィギュアスケート/JAZZ/大阪万博/食べ歩き/カメラ(OM-D E-M10 mark2) などの話題。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2013.05
19


20:16
Category : 未分類
こんにちは!

えー、またまた間が開いてしまいました。
色々あったような、なかったような毎日を過ごしていました。

春からは少し頑張っていろいろ観ました!(ドヤ顔すんな)
3月くらいからの観たものをざっと。

■『デキルカギリ』@シアター・ドラマシティ
…うーん。原発をテーマにしたいのはわかるんだけど…なんか違うなぁと思いました。(ざっくり)

■宝塚星組『南太平洋』@シアター・ドラマシティ
…清く正しく美しい原田諒の世界。照明・セットの美しさが絶品でした。
妃海風さんと美城れんさんがMVP!

■宝塚宙組『モンテ・クリスト伯』『Amour de 99!!-99年の愛-』@宝塚大劇場
「この愚民どもめが…!」(注:劇中にこんな台詞は出てきません)が、
宝塚1似合う凰稀かなめの『モンテ・クリスト伯』が面白くないわけがない!
石田先生お得意の「ストーリーテラー=現代っ子」には白目を剥くものの、
あの長編をよくまとめています!(原作読んだことないけど)
ショーは…思いっきり、100周年イベントでした。。。
言葉なしに、宝塚100周年のすごさを感じさせてほしかった。

■劇団鹿殺し『BONE SONGS』@ABCホール
一度観てみたかった劇団鹿殺し。
なかなか壮絶な女の子の人生で、見終わった後は結構な疲労感。

■『DREAM LADIES』@梅田芸術劇場メインホール
1幕のお芝居は完全にあちゃーだった。
なんだか痛かった。
その手作り感が良いのかもしれないし、真琴さん原案のポイントだったのかも知れないけど、
OGが出した彼女たちならではの案を、うまくプロの舞台用に変換していったり、
ハンドリングしていくのが演出の暁くんの仕事だったんじゃないか、と思う。
暁、がんば!
とはいえ、わたるさんは鼻血もののカッコよさで、
まみちゃんの「Another Life」をもう一度聴ける嬉しさにお目々うるうるしたんですけどね。
正直、あのわたるさんはどの現役生よりもかっこよかったと思うな。
現役生も、がんば!
2幕は、選曲が神懸かっていた…!(しかし青の洞窟の端折り具合はあまりにも残酷)
わたしは、こんな記事を書くくらい、『ル・ボレロ・ルージュ』が好きなので、
『情熱の翼』が聴けたのも、本当に涙がちょちょぎれた。
でも何より感じたのは、OG公演って難しいなぁということだったりします。
当たり前だけど、衣装やセット、照明も含めて、
いろんなセクションが合わさって、宝塚の世界を作ってるんだな、と。
そして、その夢の世界から一歩外に踏み出すと、
どう頑張っても「もどき」以上にはならない。
キャスト自身も宝塚まんまをやろうとはしてないんだろうけど、
だからと言って、新しい何かができあがってるわけでもない。
選曲的には宝塚本体も見習ってほいくらいのレベルだけに
(意外に、ゆうこさんの『プレスティージュ』に興奮)、
それをシーンとして観た時のがっくり感は増しました。

■『八犬伝』@シアター・ドラマシティ
阿部サダヲは阿部サダヲだった…!
やっぱ素敵でした!
「なにゆえの血まみれ!?」が忘れられない。
痛快時代劇って感じで、殺陣も多く、血のりも多かった…。
歌舞伎で良くありがちな、「犠牲」や「大義」に疑問を投げかける、ポスト『八犬伝』でした。
松竹座で謎の八犬伝を見たばっかりなので(こら)、余計に楽しかった!
そして、女形の旅芸人だけど、実は…の毛野役、中村倫也さんに完璧にやられてしまいました…。
美しく、色っぽく、声も良かったなぁ、悪魔ってたなぁ…(うっとり)
『RENT』なんかにも出てて、今度は『ヴェニスの商人』で女役?っぽいので、めっさ楽しみ!

■四国こんぴら歌舞伎大芝居 昼の部『鳥辺山心中』『義経千本桜』@金丸座
遂に金丸座へ!
いい感じの芝居小屋でした。

■『レ・ミゼラブル』@帝国劇場
■『濱田めぐみコンサート』@シアター・ドラマシティ
■『ヘンリー四世』@シアター・ドラマシティ
■『木の上の軍隊』@シアター・ドラマシティ
::more
スポンサーサイト