FC2ブログ
美の歴史
RSS
Admin
Archives

☆だんだらだらだら☆

記憶力がないアラサーのブログ。演劇/ミュージカル/宝塚/歌舞伎/映画/美術館/フィギュアスケート/JAZZ/大阪万博/食べ歩き/カメラ(OM-D E-M10 mark2) などの話題。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.02
23


22:00
番附に去年の公演一覧が載っていて、
鴈治郎襲名、絵本合法衢、OSK、阿弖流爲と、
松竹座にはいつも以上に通っていたことが判明。
でも絵本合法衢とかもはやまるで覚えていない(白目)
(むしろ学生時代に国立劇場に遠征して観たバージョンの方が覚えてる)

今回はとっても印象に残る舞台でした。
(といっても脆弱な海馬なのであと1ヶ月もしたら忘却の彼方)
以下、簡単な感想です。

一、桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ)
帯屋
帯屋長右衛門:坂田 藤十郎
丁稚長吉/信濃屋娘お半:中村 壱太郎
義母おとせ:坂東 竹三郎
隠居繁斎:中村 寿治郎
弟儀兵衛:片岡 愛之助
長右衛門女房お絹:中村 扇雀

謹直な男の一夜の過ちが人生の歯車を狂わせ悲劇へと…上方歌舞伎の秀作
 京都の町中にある呉服店「帯屋」の主人長右衛門は、商用で遠州に出掛けた際、
ひょんなことから隣家の信濃屋の娘お半とわりない仲になってしまいました。
それを知った義母おとせとその連れ子の儀兵衛は、
五十両紛失の件も塗りつけて長右衛門を追い出そうと企みます。
意地の悪い継母と義理の弟の嫌がらせに耐えながら店を守る長右衛門。
女房お絹の気遣いと父繁斎の寛大な捌きに一度は助けられるのですが…。
律儀で分別もあり男盛りの魅力と色気が災いし、
悲劇へと導かれる様が巧みに描かれている上方狂言。



二、研辰の討たれ(とぎたつのうたれ)
守山辰次:片岡 愛之助
平井九市郎:市川 中車
平井才次郎:中村 壱太郎
吾妻屋亭主清兵衛:片岡 松之助
平井市郎右衛門:嵐 橘三郎
粟津の奥方:市川 笑也
僧良観:坂東 秀調

職人上がりの侍が知恵を振り絞って逃げる!異色の敵討ちの結末は…
泰平の世の粟津城中。
殿様や家老の刀を研いだのが縁で町人から侍に取り立てられた研屋の辰次がいます。
上役に媚びたりお追従を並べたてる辰次に朋輩の侍たちは我慢を堪えていましたが、
聡明な家老、平井市郎右衛門は余りに鼻持ちならないので、
皆の前で辰次を激しく罵倒し去っていきます。
悔しくてならない辰次は意地とばかりに市郎右衛門の帰城を狙い、だまし討ちに。
そこへ、平井の長男九市郎と次男の才次郎が駆けつけてきますが、
敵討ちを恐れる辰次は逃げ去り、九市郎と才次郎は敵討ちの旅に出るのでした。
それから3年が経ち、ついに兄弟は辰次を捕えますが…。
江戸時代の武家社会で美徳とされた敵討ちを近代的な視点で捉え直した斬新な作品です。


三、芝浜革財布(しばはまのかわざいふ)
魚屋政五郎:市川 中車
大工勘太郎:中村 亀鶴
左官梅吉:嵐 橘三郎
金貸おかね:中村 歌女之丞
大家長兵衛:片岡 松之助
姪お君:市川 笑也
政五郎女房おたつ:中村 扇雀

これぞ江戸前。胸のすくような楽しさと情。笑って泣かせます!
ひとはいいのですが酒好きで怠け癖のある魚屋政五郎は、
ある朝、芝浜海岸で大金入りの革財布を拾います。
しめたとばかりに仲間を集めて大酒盛り。
ところが、一晩寝て目覚めると女房のおたつは、夢でも見たのだろうと取り合わない。
反省した政五郎は自戒の念から一念発起。
酒を断ち生まれ変わったように働き始めます。
そして3年の月日が経ち…。
人情噺を元にした、笑いあり、涙ありの作品です。
::more
スポンサーサイト



2015.01
18


16:27
またもやおつかれ期間に観に行ってしまった文楽。
後世に伝えていきたいです。
寝不足の日に文楽は絶対見てはいけないと…!
(太字で言うまでもない)
というわけで、睡魔と椅子の硬さの責め苦にあえぎながら見てた文楽の簡単感想。
::more
2011.02
11
CM:0

17:03
初春


昼の部を見に行ってきましたー!
いろんな場所から歌舞伎を見ようキャンペーンの一環として(何それ)、
いわゆるバルコニー席に当たる3階見切れ席に座ってきました。
こういう時に限ってカメラを忘れたので説得力がないですが、この場所もありかなと思った。

さぁ前のめるがいい!と言わんばかりに背中用クッションが置かれた座席。
何にもしなければ本舞台の半分くらい平気で死角という猛烈な視界の悪さ。
かと言って頑張って前のめっても、人影がちらつくだけというもどかしさ。
しかし、トイレに一番近いというかすかな優越感。
そして、花道を真正面に、客席のまっただ中に見るという不思議な感覚。
お客さん達を観察しながらお弁当を食べられるわくわく感。
十分に満喫できた。(全然説得力無いわ)

では、もう2月半ばになろうとしていますが、
以下、初春歌舞伎のメモ程度の感想です。
::more
2010.11
14


20:59
じ、時間の流れが早すぎる・・・
卒論中間発表までもう1週間・・・(白目)
にも関わらず、卒論遠征したその足で、
ちゃっかり新橋演舞場へ向かってたたまやんです。(煩脳)

1011enbu_p.jpg
↑は昼の部のポスター。
私が行ったのは夜の部なんですが、。
カッコいいのではってみた、てへ♪(キャラ、喪失)
***
かんなりおススメです、『都鳥廓白浪』!
「実ハ…」の連鎖でつっこみどころ満載、
ファン心をぐっとつかんで離さない見せ場の数々・・・!
実際にご飯を食べながらの立ち回り、
「おまんまの立ち回り」もユニークで客席も沸いて、大満足!
黙阿弥・・・ありがと・・な。(青春ドラマ風に)
***
何と言っても、菊之助さんが設定通りの超倒錯美で!
そして、菊五郎さんがそんな役じゃないのに超やらしくて!(それ問題)
W菊が並んだ時の底知れない破壊力に、あやうく酸欠になりかけた。
で、またそこに絡む歌六さんがカッコ良いわけですが・・・!
・・・本日はこれ切り。
あまりにも記録に残せない事が多いので
とりいそぎ、一言だけでもと思い書いてみました。
また書きたい事は山とあるので書けたら書きたします!

***
しかしまぁこないだ『大奥』観に行った時、
わが心の歌舞伎座の予告編がかかって、
前にいた若い女の子が
「うわ~・・・おじいさんばっかやん」って言ってた。
確かに、そうやよな・・・(我に返った)
でも、自分の中では歌舞伎って目眩くほど魅力あんねん。
それに、舞台の上ではみんなおじいさんじゃないよ。
普段あんなやさしそうに喋ってても、いざ舞台に立つとキリッとカッコイイねんなー!
2010.10
26


16:43
俺ぁ尻尾を出しちまうぜ!の七之助さんの声が、
昼夜頭の中でこだまし続けてる、たまやんです(病気)
さて。
いよいよ今日で菊@御園座、明日には七@平成中村座の弁天が、
千秋楽を迎えてしまいます。
ホントは全身全霊で私のハマりようを表現したかったのですが(需要なし)、
ふがいないことに公演中はブログがほとんど更新できず、
かなーり消化不良な感じになってしまいました。
なので、今更ですがせめて弁天についてだけでもまとめさせてください。

IMG_0785_convert_20101026142720.jpg


IMG_0877_convert_20101026141910.jpg

平成中村座夜の部初見時、幕間の事。
「弁天楽しみすぎるー!どうしよーっ!」などとテンション上がりつつ同伴者と喋ってると、
隣のおばちゃんが「弁天なんか見てもしゃあないから・・・」と言って帰ってしまった。
な、何・・だって・・!?(愕然)
と、かなりしょぼーんな気持ちで、幕が開いたのだが、
おばちゃん・・・やっぱ帰るのは間違いだったぜ。
尻尾を出した七之助丈は、それはもう素敵だったもの。
それに何より、この狂言ほど生で観て盛り上がるのってそうそうないもの。
::more