FC2ブログ
美の歴史
RSS
Admin
Archives

☆だんだらだらだら☆

記憶力がないアラサーのブログ。演劇/ミュージカル/宝塚/歌舞伎/映画/美術館/フィギュアスケート/JAZZ/大阪万博/食べ歩き/カメラ(OM-D E-M10 mark2) などの話題。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2017.01
15


20:28
去年は後半戦が特にハードで、
働く以外にはほぼ食べて寝ての繰り返しだけだったので、
この年末年始とその後の三連休で日常生活を取り戻せたのが嬉しすぎて、
もうすでに会社に行きたくない。(魂の叫び)
といわけで、現実逃避で年始楽しかったこと思い出し。

●ルーヴルNo.9展
新しく「第9番目の芸術」として認められた漫画。
フランスのバンドデシネ作家と日本の漫画家達が描いた、
「ルーヴル」にまつわる作品を集結させたルーヴルno.9展。

ルーヴルと言えば、世界一有名な美術館。
おびただしい観光客がひしめき合いながら、
モナリザやサモトラケのニケを鑑賞?写メ?する一大観光施設。
一方で、人類の叡智がつまったフランスの誇りであり、
我々から見ると憧れの存在であり。
また、美術館としてのみならず、
古くはフランスの歴史を見守ってきた王宮でもある。
そして、所蔵作品もまたそれぞれ造られ、
愛でられた(一度は放棄され、その後誰かに再発見されたかも)ものが、集っている。
巨大な空間とそこに集う作品、
そして鑑賞者それぞれの歴史や記憶が出会い、交錯する。
16人の作家による漫画で、その多層的な「ルーヴル」が見えてくる。
ルーヴルに限ったことじゃなく、
インタラクティブな空間としての美術館に改めてわくわくできる展示だった。
例えば、演劇みたいな「パフォーマンス」ではなくて、
作品が静的な物体であっとしても、
どういう文脈でそこにあるのかとか、どういう空間で見るのか、
どういう人たちと一緒に見るのかで、だいぶと違ってくる…
(そういうの気にするタイプ)
(ふと「アイーダ」とか「ナイトミュージアム」とか思い出す)。
ただ、大阪では残念ながらグランフロントイベント会場での開催で、
動線やら設営の雑さが目立ち、全くそのよろこびは感じないわけですが…。

その「パフォーマンス的な美術館」のイメージともつながるけど、
個人的には、
鑑賞者込みでの「ルーヴル」という場所を描いていた、
ダヴィッド・プリュドムの「ルーヴル横断」が好きでした。
作品を取り巻く空間や気配もひっくるめ、大事にしたいなー。

章が進むごとに漫画特有の想像力(というより妄想力?)が羽ばたいていく。
時に、時空を超えたり、魔術的な力を秘めたり。
その水先案内人として、
岸辺露伴だったり、『イノサン』の主人公だったり、
日本人作家が自作のおなじみのキャラクターを登場させてて、
やっぱりキャラクター文化だなぁと思ったし、
日本人作家も、みんな何となくバンドデシネやアートを意識しつつな中、
坂本眞一に至っては、絵柄もコマ割も清々しいほどに漫画!
って感じで逆に晴れやか。
ヤマザキマリさんのパルミラ遺跡は、
NHKで特集をしていて、
この展示を知るきっかけになったので、生で体感できてよかった。
あのサイズ感にも納得。

というわけで、この想像力の超飛躍っぷりは漫画ならではだな、と、
漫画の魅力を実感したのですが、
何より思ったのは展示物としての漫画の難しさでした。

当たり前だけど、漫画って手に取って読む前提でいるからあのサイズなわけだし、
ページを見開いて、繰って読むことを前提にしてコマ割を決めてる。
もちろん多少は拡大されているけど、
バンドデシネみたいに細かいコマ割を追っていくのには厳しいし、
そもそもページが1ページずつバラバラになっている上に、
時々何故か上の方にピックアップ的に取り上げられたりして、
読みにくいっていうか、展示としてそれ大丈夫?って何回もなった。

しかも、原画はありがたいことだけど、
吹き出し中にまだ台詞が入ってなかったり、
薄い鉛筆字でほぼほぼ読めなかったり、
あるいは、台詞量の多いバンドデシネの吹き出しの中は原語そのままだったり。
さらに、訳は下の小さいキャプションにまとめて箇条書きされてて、読む気なくす…。

日本語でちゃんと読めるように台詞入れちゃったら作品性を損なっただろうか。
オリジナル版と日本語版、上下に並べてもダメだったろうか。
今回の展示が、あらゆる展示の可能性を考えたけれど、
どうにもこうにも難しくて、っていうのであれば仕方ないけど、
特にジレンマもなく事前な流れでこの形になってたとしたら、ヤバいと思いました。

漫画の本質は、
絵、文字がコマ割を通して渾然一体となって物語を作っていることであって、
それを伝えようとしないなら、原画がどうとかいったところで、何も始まらない気がする。

意義ある展示なだけに、そういうところはちゃんと詰めてほしかった。
わたしが漫画や漫画家さんに特に熱い思い入れがなく、
原画とか貴重な制作過程見れる…!うぇーい!なテンションにならないから、
余計だと思うけれど…。
漫画という媒体の特性からかテレビ局主催だからか、
多方面にタイアップしていたけど、
力入れるのそこなのか…と、米津玄師とのタイアップ曲がとても虚しく響きました。

***
●レコード喫茶
前々から行ってみたかったレコード喫茶 graffitiに行きました。
もうとにかく最高でした…。

imageレコード1

imageレコードⅡ

レコード愛に溢れてるけど、私語厳禁な固い感じではなく、
広いし分煙も完璧だし、一見さんでも堂々と入れるという完璧さ…!

カレーとかグラタンもあるので、お腹もいっぱいになるし、
居心地よすぎでいつまでも入り浸れる。
ドリンク1杯につき好きな曲1曲流してくれて、追加は1曲100円。

耳なじみのいい洋楽、邦楽が代わる代わる流れてすっかりときめいてる中、
愛する「ウエストサイドストーリー」が映っていたので(音無しで)、
さらにテンションが上がり、
よっしゃここはウエストサイド流したろ、とイキッたのが最後、
映画版と思って選んだのが、まさかの劇団四季版で、
思いっきり日本語台詞(しかも時代を感じさせる)からスタートして、
絶妙な均衡を保っていた場の空気を一変させました。
(年明け早々記憶から抹消したい出来事が起こるとは…)
ジャズは少なめで、
流れる曲も明るめの聴きやすいポップス(アバ的な)が多かったので、
そういう意味でも肩肘はらずに楽しめてよかったです。
立地的にも、真裏がtohoシネマズ、松竹座もそこそこ近いので、
映画や歌舞伎行くまでの時間つぶし(というにはあまりにも幸せ)にもおススメ。
ただし、営業は金土日のみだそうです。

で、角座も一緒に行ってきた。

<出演者>
海原はるか・かなた
シンデレラエキスプレス
サムライ朝起太郎
暁トリオ
サンデー西村
トライアングル
天然もろこし
土方兄弟

NGK的な劇場を想像してたら、
入口と楽屋口までの距離およそ10メートルのごりっごりの小劇場だった。
お客さんの入りは半分ほど。
斜め前のおっちゃんが蜷川さんに生き写しでビビる。

出てくる芸人さん達みんながみんな生活感に溢れすぎていて、
「僕らテレビに出れないんすよー・・・
今年こそもっと売れたいんですけどねー…ほんま仕事欲しいですわー…」っていう切実さが、
到底笑えない渇望レベルで、神妙な面持ちで聞き入る。
朝起太郎師匠がひとりで、「こんなんで、ごめんなー」と言いながら、忠臣蔵ネタ。
顔半分ベビーパウダーで白くして、一人で松の廊下を演じ分ける。
このシュールさときたら…「筆舌に尽くしがたい」という言葉を初めて使いたい。
で、生活感は肌に出ると思った。
大トリのはるかかなた師匠は頭も顔も血色よくツヤッツヤッ。
最後の最後に、いい生活を感じられてよかった。
はるかかなた師匠の「相撲」ネタは、
エセ英語実況でどんどん加速度を増して、
圧倒的な熱量でクライマックスまで畳み掛けた。
ゆるい掛け合いからものの数分で、
虚実織り交ぜた世界へ熱狂的に引き込んでいく。
非日常への飛翔スピードがすごい。
漫才のお手本みたいだった。

若手からベテランまで、漫才師はみんな目が光ってる。
お客さんの反応を密かに見回しながら調整していく、プロの眼差し。
…報われてほしいなぁと思った。
スポンサーサイト



2016.07
17


18:19
学生時代からずっと行きたかった場所に念願叶って行ってきました。
(今まさに行ってきたっぽく書いてるけど、1年前の話)

死なないために身体の感覚を研ぎ澄まし、天命を反転させる、
その名も養老天命反転地
岐阜の養老の滝近くにある、荒川修作、マドリン・ギンズのアートプロジェクトです。
(ちなみに、かなり昔に書いた、荒川さんの「死なないための葬送」展感想はこちら。)

この日は雨降りしきる中、大阪から車で。
行きつけの美容院のアート好きのお姉さん(音姫すなおさんに激似)に、
養老天命反転地が相当痛んでて、早くしないと廃墟になるよ!
と脅され急いで来たわけですが、思いっきり改修工事やってた。

出だしは普通の緑豊かな公園で、
極限で似るものの家とか昆虫山脈、記念館(工事中でした)が立ってるくらい。
ただ、極限で似るものの家がもう既に曲者というか、
この公園のエッセンスがぎゅっとつまったもので、早速命の危険を感じた。
とにかく斜めった斜面の上の斜めった建物に入って、
しかも入園時に渡されたパンフを見ると、
各エリアごとに荒川修作から「目をつぶって入る」とか「後ろ向きで入る」みたいな無責任な提案が書かれていて、
「死なないための」と謳いつつ、忠実に守ったら多分死ぬ。(割と本気で)
おまけに、家の前に生えた木の周りは円柱状に2.3メートルえぐられてて、
周りに柵も何もなくて、これはやばいやつだなと顔がこわばりました。
(注意書きの看板に、入ると出られません、と淡々と描いてる)
P7040002(小)

迷路のような家の中は家っぽくてベッドやレンジが分断されながら点在してる。
ふと見上げると天井に分断された家具が「反転」してる。
↓天井です。
P7040007(小)

通れるような通れないような家から出ると、思いっきし崖。
この公園ではこれがデフォルトでした。
まずはこの家で準備運動を済ませ、迫り出す壁をよじ登って見えたのは、
大きく地面がえぐれたクレーターみたいな穴に現実離れした見たことのない絶景。
この日は周りの山に靄がかかってて余計に異界に迷い込んだ雰囲気だったかも。
穴の中には木が生い茂ってて斜めった建物もあって。
ここもまたひとつの世界なんだと感じる。
この絶景を見渡せる崖の上に、異世界の番人のごとく警備員さんが佇んでて、
もうなんか村上春樹の世界かと思った(あんまり読んだことないけど)(適当)
P7040029(小)

P7040016(小)

P7040020(小)

そんな幻想的な警備員が、「雨の日はずるっといくよー!」と超現実に引き戻すお言葉。
ずるっといく…(顔面蒼白)
そもそも、崖の下に「危険!」て小さい柵あるけど、そんなところに柵あっても…!

クレーターの中は全てが歪み安定した部分がないので、
傘持ってたら厳しいです。(この日は偶然このタイミングで雨が止み助かった)
そもそも通常のアスレチック的にここをこうやって通ってねーというアナウンスがないので、
よじ登っていいとこなのかあかんとこなのかわからないまま、
自分の感覚や運動能力をたよりに進んでいく感じ。
これが荒川修作なのですね…!
ちなみにわたしはチキンなので、
二時間ドラマで崖から落ちていった幾千もの人たちを思い出しながら(大袈裟)
怖い怖いを連発してへっぴり腰で登ってました。
とにかく首から下げたミラーレスが壊れないように目が血走ってた。
でもこけました。
(必死すぎて後半部分写真なし)

クレーターを半円状に取り囲んでる壁の上は歩けるようになってて
(さすがに落ちないようにちゃんとした道がある)万里の長城みたいに異国に旅した気分。
公園の外側=森もよくみえます。
たまに緑の丸屋根トンネルもあったり。
P7040023(小)

いろんなところをよじ登り、くぐったりしていると、身体が場所に馴染んでくる。
目で見た奇怪な世界よりもいざ体験したほうが受け入れやすいというか。
逆に、警備員さんの立ってた平らな場所から、
クレーターの中でうごめく人たちを見たときの面白さ。
遠近感も少し狂って、巨大な箱庭の中で生きる人たちのような。

一生に一度は行っておきたい不思議スポットでした。
ご興味ある方は動きやすい服装で是非!

***
ちなみに、かなり田舎で周りにはひょうたん屋しかなくて飲食店は99%焼肉屋。
(飛騨牛推しで精肉店もいっぱい)
ひなびた喫茶店で日替わり定食を食べました。
美味しかった!
公園内にも細々フードコートがあって、地元のおばあちゃんたちが働いてたのも雰囲気あった。
あと、近くにこんなスポットも。(人影がまるでなかった)
P7040032(小)

本当に思い切って行けてよかったです。
次はモエレ沼公園霧島アートの森クレマチスの丘に行きたい!(全部遠い)
2016.02
15


22:00
最近、肥後橋にハマり始めてきました。
コテコテの大阪っぽくもなく、梅田程の雑踏でもなくゆったりしてて。
しっかりお高いお店もありつつ、隠れ家的なお店が多々あって、
散歩してて、うきうきする。
まるで大阪ではなく、小旅行に来た感じ。

と思いながら、るんるん歩いてたら、
『エッケ・ホモ展』のポスター見たおばちゃんが、
「鳳蘭やー!」って言ってて、やっぱ大阪やわーと思いました。
(結構似てるけど、オルランです)

…というわけで、「エッケ・ホモ―現代の人間像を見よ」のタイトルに惹かれ、
久々に国立国際美術館へ行ってきました。
長いのでたたみます。
::more
2010.11
14


22:05
前記事と時間が前後してしまいましたが、
小学校の修学旅行以来の二条城へ行ってきましたー!というお話。
というのも、観○光EXPOという
歴史ある空間×現代アートのイベントが、
二条城ほか、清水寺、泉涌寺では7日まで、
圓通寺では今日まで開催されてたんです。
で、実はブログにはほとんど書いてなかったんですが、
映画『真夜中の弥次さん喜多さん』から、原作のマンガ版にハマってしまい、
その作者、しりあがり寿さんに若干ハマりかけてしまって・・・。
その時、奈良のアートプロムで作品の展示があると聞いて、
行きたいと思いつつも、結局行けず、
しょぼんとしてた時に観○光EXPOにしりあがり作品との情報が・・・!
その上、タイムリーな事に、
今年は村上隆さんの作品がヴェルサイユ宮殿に展示されて、
結構な騒動になった(ネガティブな意味で)という話題も聞いたので、
そういう意味合いでも、最近増えてきてる、
こういう一見異質なもの同士を組み合わせる試みって結局どうなの?
という好奇心も満たせる嬉しさ!
というわけで、かなりワクワクしながらいざ二条城へ。
・・・の割に観○光展、どこでやってるかいまいちわからず(え)、
とりあえず二の丸御殿へ。

IMG_0889_convert_20101107210758.jpg

団体用の靴箱でわーわー言いながら靴はきかえた記憶、カムバック!
私の学年、大きい行事は必ず天気が悪かったんですよね。
そう、あの日も雨だった・・・(遠い目)
***
二の丸御殿、すっごい良かった!(興奮)
きょろきょろ落ちつきなく、ドキドキしながら拝観。
こんなにカーペット敷いちゃってたっけ?とも思ったけど、
何よりこんなに楽しかったっけ?っていう感覚。
嘘ほど美麗な襖や欄間が障子からの柔らかい光に包まれていて。
一歩踏み出す度キュッキュッと鳴る鴬張りの床の音に妙に心が落ち着いたり。
時間が進んでるとは思えず、どこかにゆっくり溶けこんでいて、
ちょっとしたはずみで江戸と繋がって、
そこの角辺りから将軍でも現れるんじゃないかと思うような・・・
歴史ある建築の中でも、かなり独特の雰囲気を感じました。
また、平日、人が少なめの時に一人でゆっくり回りたい場所。


本丸御殿の方へ。
まだ紅葉には早かったものの、美しい庭園。
この辺り、映画『大奥』でも出てた!
広いので、人が分散してさほど混雑しないっていうのも良い。
そして何より、この広大な土地全てを、
600円で回れるっていう点が素晴らしいじゃあないですか!(力説)

IMG_0895_convert_20101107210917.jpg


***
しかし、肝心の観○光展が見つからない。
実は何と、庭園とは真逆の方向の、
というか入口入ってすぐの台所ってとこで開催してました。(ちーん)
というわけで、最終的にようやく到着。
さして宣伝するわけでもなくひっそりとした様子。
そのせいか見に来てる人の数も少なかったように思います。
写真撮影OKだったのかな?
撮ってらっしゃる方もちらほら。
結構自由な感じで気持ち楽。
ただ、ちょっと残念だったのは、入り口のところで、
京都のお店にありがちなBGM(JPOP邦楽アレンジみたいな)が流れてたこと。
あれでは雰囲気が出ねえ・・・(わなわな)!
***
いくつか作品があったうち、
先に二の丸御殿へ行ってしまったせいか、
二条城っていう場所とリンクしたものにグッときた。
まず、高見晴恵さんの「はじまり」っていうインスタレーション。
床一面に青の毛糸(紐上に切った布?)が敷き詰められた一室の様子が、
鑑賞者側が眺める部屋からの明かりによって微かに見えるだけ。
二の丸御殿で、柔らかい日の光が、
部屋を、欄間を、襖を照らすのも素敵だったんですが、
たまーに日光がほぼ当たらず全体が闇に沈んでる部屋もあったんですよね。
その忘れ去られたかのような部屋の雰囲気がすごくって。
千と千尋のカオナシいるよみたいな?(違うと思う)
暗闇の中にぼんやり浮かぶ襖絵、
自分の立ってる廊下側とは明らかに違う、ひんやりと湿っぽい空気感。
怖いけど、不思議に美しく、皮膚も心も粟立った。
その時の感覚が「はじまり」にありました。
手を伸ばしたらどんより纏わりつくような空気、
耳をすませば風の音がかすかに聞こえて、
目を凝らせばかすかに青がざわついてる。
矛盾してるけど、静かなざわめきみたいなイメージ。
それは命を誕生を予感させる海なのか。
光じゃなく、こんな風な無言のエネルギーをはらんだ闇から、
この世界は始まったのかもしれないと思った。
***
あと、しりあがりさんの大政奉還をパロったインスタレーション。
中型の液晶画面を将軍、小型を大名になぞらえて、
実際の大政奉還みたいに相対するように配置。
それぞれ、ゆるーいキャラがゆるーく映ってます。
将軍、ピースし始めたりとか。
これも二の丸御殿にある大政奉還再現シーンを見てからだったので、
余計に辛辣に見えた。
このそれぞれの無責任さが、妙にリアルっぽく見えるねん。
将軍側、大名側と、あっちこっち動いて、
自分の視点を変えてみても印象違った。
で、実はしりあがりさんご本人に遭遇した!!
人が少なかったうえに誰も気づいてなさそうだったのを良い事に、
握手してもらったーー!!(感涙)
今思えば、りびんぐでっどの前売り券にサインしてもらえば良かったのに!
とか色々な思いがこみ上げてくるんですが、
テンパってどもりどもり声かけれただけでも、
自分としては上出来やな。(低レベル)
しりあがりさん、ものすごーく穏やかで優しそうな方でした。
この穏やかな目が世の中をあんな残酷かつ辛辣に映すものか・・・
と訝ったほど。
・・・いや、この目だからこそ映せるのか。

***
今回は二条城しか行けなかったけど、
街とアートが一体化したイベントって、
っと積極的に行ってみたいな、と思った。
ホワイトキューブで経験するより、
もっと自由に五感を使えそう・・・な気が勝手にする!
2010.06
20


16:23
大阪の国立国際美術館へ行ってきた!
「見ルノ、知ルノ、感じルノ」という、
破壊的なコピーで盛り上がったルノワール―伝統と革新展と、
奇しくも期間中に本人が死を迎えてしまった、
死なないための葬送―荒川修作初期作品展へ行ってきた!

まずは、ルノ展から。
どうしても見古した感のあるルノワールの絵。
今回、生でどっさりと見てみてびっくりした。
こんなにも瑞々しい色合いで、
透明感もあって、キラキラ光ってるみたいな絵やったんか。
特に、少女をモデルにした作品とか、タンホイザーとか。
つい立ちすくしてしまいました。
一方で、知識なしの私が思う「ルノワールっぽさ」からはずれた、
輪郭のはっきりしたもの、暗い色彩のものも結構多かったです。
ルノワールのイメージ、かなり広がった気がする。
***
半分夢見心地で見終えた後、
今回ものすごい気合入ってる特設ミュージアムショップへ。
ここで、いつも見てる貧弱な色味のルノワール作品にいっぱい会って、
「りんご売り」のポストカードとりんごジュースのセットにつっこんで、
良い具合に現実に戻ってきた感じ。


次に、荒川さん。
大小様々な棺桶の中に横たわるのは、
堅そうな柔らかそうな、有機物っぽいような無機物っぽいような物体達。
黒い、あるいは木製の棺桶の中に込められた、
ずっしりとした白の存在感っていったらすごい。
それを具に覗き見ようとすると、何故か鼻とか喉にくる気がした。
いや、別に臭い訳じゃなくて。(そりゃそうや)
棺桶をのぞき込むっていう生々しさからなのか、
その微妙な物質性(しかも少し汚れ、埃っぽい)せいなのか。
とにかく、何か独特の空気が漂ってた。
***
入り口付近に立って、
棺桶が並ぶ様とそれをのぞき込む人達を眺めるのが、
素敵だということに気づく。
思わず「かっこいい!」と声が出たくらい。
そして、そのうち、だんだんと死と生のはざまに立ってるような妙な心地になった。
ここにずっといたいような・・・。
***
コレクションⅠは、荒川修作と1960-70年代の美術。
クリストとかヨーゼフ・ボイスとか。
ツッコミ入れつつ、友達と楽しく見られる作品が多かった。


実際に見る前のイメージとしては、
チラシ通り、ルノワール展が白で、死なないため葬送は重い黒。
でも、ルノワールの暗い作品、
棺桶の中の得体のしれない白というのもまた心に残りました。
***
というわけで、
白と黒が交錯するふたつの展覧会はセットで楽しみたいところ。
・・・なんですが、荒川展は、ルーブル展の時のやなぎみわ状態。
ルノ展のお客さんがほとんど流れていってなかった。
せっかく同じチケットで見れるのにもったいない。。。
(かといって、わらわら棺桶覗くのも怖いけど)
未見の方はふたつ合わせて是非!おススメです!
~27日(日)まで。(関西ローカルな話題で申し訳ない)

・・・ちなみに、次回展示は「横尾忠則全ポスター展」。
もちろんタカラヅカのポスターも!