FC2ブログ
美の歴史
RSS
Admin
Archives

☆だんだらだらだら☆

記憶力がないアラサーのブログ。演劇/ミュージカル/宝塚/歌舞伎/映画/美術館/フィギュアスケート/JAZZ/大阪万博/食べ歩き/カメラ(OM-D E-M10 mark2) などの話題。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2015.07
26


22:54
Twitterでたまに話題が出ているので、
今までのミュージカルファン歴で培った、
ご贔屓さんが出ている舞台の情報をテレビから取りたい場合にどうするか、簡単なまとめです!
(熱心に情報収集してないやつが言うのも説得力に欠けるけど)

まずは主催社をチェック!
(すいません、近畿在住なので、大阪中心に書きます)

東京主催、大阪(観たい地域)主催のどちらもチェック。
テレビ局が入っていれば、ほぼ100%その局で何らかの宣伝は流れる!
例えば会見翌日は主催局の情報番組を中心に録画すれば映っている可能性大。
たまに東京と地方でテレビ局がねじれていたりする場合もあり(東京:TBSなのに大阪:関テレとか)、
その場合はちょっとややこしいかも…ですが、会見とかは基本全国ネットを見張る。
この辺り、ジャニーズファンの人たちの的確なアンテナは本当に尊敬する。

あと、各社、自社の主催イベント事業のための番組が必ずあります。
大阪だと…
■MBS:「ENT」「BRAVA!」
■ABC:「スタンダップ」
■KTV:「ピーチケパーチケ」
■YTV:「キューン」

主催公演はほぼ100%、一般前売前の先行販売段階から放送があります。
なので、「え!?●●公演の宣伝やってる!!きゃーっ!録画してなかったーー!」というよりはむしろ、
あの公演、そろそろかな…(達観)のスタンスで毎週撮りをおすすめします。
「主催」として公式映像・画像を持っていて、
なおかつチケットを売る、という目的のために作られた番組なので、
過去の舞台映像だったり稽古場だったりインタビューだったり、
レアな素材を観られることが多い番組です。

↑の番組は自社の主催公演しか扱いませんが、
その他情報番組は皆様ご存じのとおり、
他局主催公演やTV局が主催に入っていない公演も度々ゲスト等でPRの機会があります。

…あと、もっとコアな映像や話が観たかったのにー!や、
全然ファン向きじゃない!とかいうご意見たまに見かけるのですが、
基本は、舞台に興味はあるけど、ほぼ観たことない~多少かじる人達への、
PRのためのTV告知なので、観劇人口を一人でも増やそうとしてるんだな…と、
温かなまなざしで応援してください…(TV局の回し者)

そして、ここからはテレビ関連で白目むいたこと。
::more
スポンサーサイト



2015.07
12


17:08
よくよく復活後のこのブログを見直してたら、
自分でも「こいつ誰?」と思ったので、改めてご挨拶。

あらためまして、たまやんです!
宝塚の瀬奈じゅんさまや、
主に舞台(宝塚、ミュージカル、ストレートプレイ、歌舞伎など)のことを中心に
好きなように書いていました。
その後新しいブログを2個ほど作ったのですが続かず、結局またこちらに帰ってきた次第です。
そう…fc2社長が逮捕されたので危ない!と思ってはてなブログにしてみたけど、
よく考えたらfc2にエクスポート機能ついてるから、
こまめにダウンロードしといたら良いだけの話ということに気づいた。

というわけで、新しいブログに書いた記事も、ここに集めてきているので、
過去記事の前後のつながりがわけわからんことになってるかもしれませんが、
その辺りはご了承くださいー。
これからも舞台のことや食べ物ネタ(劇場周辺ぐるめは力入れたい)、
気になることは何でも書いていきますので、よろしくお願いしますー!

早速、今気になるっていやぁやっぱエリザですね。
個人的にはエリザベートといえば至宝の宝塚初演
(もちろん瀬奈さまトート、きむきむルキーニなども好きだし思い入れある)と、
脳みそぱっかーんとなるくらい衝撃を受けたウィーン版で、
東宝エリザは二次創作物ぐらいに思ってる。
ことごとくセンスがわからなくて、
あのごてごてしたゴシック調のセットや電飾やじめじめした湿気感(清潔感のなさともいう)とか、
蕁麻疹出そう! でも大阪来る度見んねんけど(泣)!

それが今回予想を軽く超えていく宗教画ちっくなチラシビジュアルの腹筋直撃から始まり、
トートに翼のタトゥー入ってるとか…もう…このこじらせ男子め☆
もうどうにも止まらない小池ロマン爆発のお知らせが東京から流れてくる度に、
もっとくれー!状態に。(楳図かずお風)

そしてついにこの動画ですよ。


うっわー。
「お可哀想…」とか目を瞑れば江戸の街並みが見えてくる江戸前松也(松竹)、
よしおと育三郎の狙った風の絡みとか(個人的にはこの2人はそこはかとないゲイ感がほしい)。
えらいことになっとんな!(嬉しそう)(結局楽しんでいる)
観劇された方、動画には載ってない面白ポイントがあれば是非教えてください^^

あ、花總まり様エリザ復活記念に12年間パレード集貼ろう。
(人はこうして大人になっていくのですね…)


あと最近テンション上がったのは『舞音』ポスターの美しさでしょうか。
so7q6r000000zg7s.jpg

まさおのくせにかっこいい…!
(1789のポスターで)西遊記かと思った…!by会社の先輩 と言わしめたあのまさおが、
ドラゴンナイトでいけ好かないなにわのホストみたいだったあのまさおが、
真っ当にかっこいいじゃないか…。(まさおはとことんおちょくります)
口を開けばまさお節は変わらないのでしょうが、なんか瀬奈さんの面影もあって…。
(目頭を熱くする)
ちゃぴも可愛いですね…。
そういえば、これも可愛い。
so7q6r000000w2rg.jpg
最近、月野姫花@セーラーネプチューンとちゃぴのおかげで生きてると言っても過言ではない。
(心を潤すのは可愛い女子>>>イケメン)

『舞音』の舞台背景的には『ミス・サイゴン』に寄せつつも原作がマノンなので、
ちゃぴがしっかり小悪魔してくれるんじゃないかと思います。
サイゴンは観てて辛すぎますからねー…。
男性の力を借りなきゃ地獄から抜け出せない女性とか、
西洋に搾取される東洋がそのまま男女に投影されてて、
よく出来てるとは思うけど、単なる感動では済まされないリアルな痛さがある。
今にもリンクする辛さ。
それを華麗に吹き飛ばし、まさおをずたぼろにしていく(ここ重要)小悪魔ちゃぴに期待です!
植田景子先生頑張って!

では以下WEB拍手お返事です。
いつもありがとうございますー!
::more
2014.05
18


14:18
い、いのうえくん。。。
楽しげなトニー賞PR映像ができてたので、2日連続登場。(単に暇なだけじゃ)
トニー賞かぁ・・・もうそんな季節なんですね・・・(遠い目)




生中継!第68回トニー賞授賞式 6/9(月)8:30~(WOWOWプライム)
ノミネーションはこちら
ノミネーション作品のPVや井上くんPVのメイキングも。
レミゼ人気もあってか、今年はWOWOW放送。
『アラジン』とNEXT TO NORMALのスタッフの最新作 IF/THENが気になってます。
あと、主演男優のノミネートにはラミンが・・・!
司会はヒュー・ジャックマンなので、映画版バルジャンとの面白い絡みがあるかも。


2013.10
21


20:43
社内にて。
パソコンで一心不乱に作業してたら、
顔が・・・死んでますよ・・・!と新婚男子にしみじみ労られ、
そっかー、死んでるかーと思って、疲れ顔をマスクで隠してみたら、
ジェイソンみたい(怖)!とおじさま方に白目をむかれた、たまやんです。
ごきげんよう。


・・・生きろ。生きねば。(©スタジオジブリ)



そんな中、最近一番顔に生気が宿った瞬間は、松也ベンヴォーリオですかね。(単純)
江戸前・・・!歌える・・・!でも江戸前・・・!という斬新なベンヴォーリオに、
一人ほくそ笑んでいました。
ホントに高音もしっかりでて想像以上に歌がうまいのですが、
喋るとびっくりするくらいに歌舞伎なんですよ。
いや、でもちゃんと踊れてるし、いや、でも手足と首のサイズ感!と脳内が笑いと賞賛で埋め尽くされてく時、
わたし、生きてる・・・!という実感が沸き起こりました。(生気のありよう)

ロミジュリに関しては、また簡単に感想を書くと思いますが、
作品自体はひとまずおいといて、
とりあえず、松也ベンヴォーリオと色気の塊大貫死と、
格段にスキルアップした城田君ロミオを激しくオススメします。

そして併せてこちらをどうぞ。
ついにイタリアにもロミジュリが登場したようなのですが、このスケール感・・・(白目)
しかも、このセンス、き、嫌いじゃない・・・!(わなわな)
軽くスピンオフでも作れそうな濃ゆい大公に、のっけからやられますね。





全編観られるのがうれしいのですが、
なんせ濃いので、少しずつ、もったいつけながら観たい代物です。(女性陣も油断がならぬ濃さ)
2011.06
15
CM:0

19:44
トニー賞終わりましたね!
結果はこちら

今年は雪組でハウトゥーをやることもあり、ハウトゥーのパフォーマンスに注目してたはずが、
どういうわけか全く関係のないおっちゃんにハマってしまった・・・!(わなわな)
というか、タイトルの「君に恋してラビリンス」を知ってる方は、
どれくらいいらっしゃるんだろうと今になって心配になってきた。(どうでもいい)

えー・・・ハウトゥーは、えらくショーアップされて洗練されてる感じでした。
あと、ダニエル君がすごく頑張ってたなぁという印象。
♪Brotherhood of Man



・・・けど実は1994年トニー賞のパフォーマンスの方が盛り上がったりする。
フィンチ役は映画版の『プロデューサーズ』にも出てるファニーファイスのマシュー・ブロデリック。
ちなみに、気になってるおっちゃんはこの人ではないよ!(キリッ)
上と同じく♪Brotherhood of Manですが、
ミス・ジョーンズが圧巻で、別の曲に聞こえます!おススメ!



で、素敵なおっちゃんというのはこの方なのです(ごくり)
ノーバート・レオ・ブッツ。
何と映画Catch Me If You Canがミュージカルになっていたらしく、
ノーバートさんはトム・ハンクスの役を演じてます。
作品自体かなり楽しそうなんですが(映画は見たことないけど何となく雰囲気で)、
このパフォーマンスがもうとにかくものすごかった!
歌もダンスも求心力もハンパなくて、
ながら見してたはずが最後にはガン見で巻き戻して何回も見てしまった。
もうさー・・・ノーバートさんがカッコよくないのに、カッコええねん・・・!(照)
見た目のくたびれた感とエネルギーあふれるパフォーマンスのギャップが・・・(オヤジ好きが語る)
こんなん生で観た日には興奮して寝られへんやろな!
な!みんなもそう思うよな!(うざいわ)
あの慈英も「おいちゃん、すげえ!」と言うぐらいやし!



でも、以外に若くて、実は慈英の方が年上やったりする。
かといって、WICKEDのフィエロのオリジナルキャストにしてはおっさん(微妙なさじ加減)
しかし超甘のええ声です~♪(うっとり)
ドイツ版のCD買うつもりやったけどやっぱりブロードウェイ版にしよっかなぁ。



あと、今年のトニー賞パフォーマンスで良いなぁと思ったのは、
『天使にラブソングを』のミュージカル版Sister Act!
これこそハッピーミュージカルって感じ!



演劇部門のWar Horseもかなり気になるところ。
映画化もされるようやけど、これは舞台の演出・馬のセット込みでの良さじゃないかなぁと思ったり。
いっそこれで「スーホーの白い馬」(教科書でおなじみ)とかもやってほしい!



ついでに一昨年・昨年のトニー賞を引っ張りだして観てみたんですが、
2009年は、楽しいパフォーマンスが多かった気がします。

Shrek


West Side Story


ビリー・エリオットについてはこちら


逆に、2010年は、作品的にちょっと地味め?

Come Fly Away


La Cage Aux Folles


あたりが印象的でした~。


あー、しかしトニー賞見るたびに、
ミュージカルってすっげえや!(JAZZYな妖精たち風に)って心底思いますね。
逆に言うと、生で見て、それほどガツンと来るものがなかなかないってことでもあるけど。
というわけで、早くも来年のトニー賞楽しみ!
おいちゃん(愛称はレオさまに決定)の活躍もめーっさ楽しみ!