FC2ブログ
美の歴史
RSS
Admin
Archives

☆だんだらだらだら☆

記憶力がないアラサーのブログ。演劇/ミュージカル/宝塚/歌舞伎/映画/美術館/フィギュアスケート/JAZZ/大阪万博/食べ歩き/カメラ(OM-D E-M10 mark2) などの話題。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.06
27


17:48
お久しぶりです。
瀬奈さんの舞台写真を、
仁左衛門さんの舞台写真と一緒に、
星組のフォトアルバムに保管しようとしてる、たまやんです。
(節操まるでなし)

歌舞伎座の写真に続いて、
先に歌舞伎の感想を3つ連続で書いてしまう予定だったんですが、
かなりのアウェー感が見込まれ、
しかも月組千秋楽を迎えてだいぶ経ってしまったので、
まずは宝塚から書くことにしました。
遅くなりましたが、以下、千秋楽の感想です。
・・・今、また文章かけない病に感染しているので、
思うように書けませんでした、ごめんなさい。
拍手お返事ももう少しお待ちください・・・。

ちなみに今までの感想。
感想その1(全体編瀬奈トート編
感想その2(全体編瀬奈トート編
感想その3(一言)
水トート、瀬奈トート
感想その4(ACT1ACT2
::more
関連記事
スポンサーサイト



2009.06
17


17:20
片岡仁左衛門一世一代にて相勤め候にて、
たまやん一世一代にて一人旅相勤め申し候ツアー報告

~歌舞伎座写真ギャラリー2~
別名、暗闇写真館。
どんどん暗い写真になっていきます。


一日目昼の部はこんな感じ。
て、手すりがある。
サイドの一番後ろなので、
身を乗り出しても、手すりに寄っかかっても、
最終的に立っちゃっても大丈夫そうですが、その甲斐なく、見えん。
本舞台の下手側3分の1はおろか、
花道がまるで見えないのが辛いところです。
特に油地獄は花道がキーになるので、結構、悔しいです!
でもでも、大阪ではできないすごく貴重な経験で、楽しかった~!
3階席西側から舞台。

劇場、広!
立ち見、多!
着物マダム、綺麗!
着物のおじ様、ダンディー!
色々と観察中。
3階席西側から客席。

一日目の夜の部はこんな感じ。
ちょっと天井が気になりつつも、位置的にはかなり見やすいお席。
吉右衛門さんの客席登場もあり、結構おいしかったです。
しかし、そのころには尾てい骨が死にかけていた・・・!
1階席から舞台。

二日目の昼の部は、何とここ。
小さい頃、大阪の中座の桟敷に座ったのをちょっと思い出しました。
見た出しものは全くと言っていいほど覚えてないのに、
あの心地よさっていうのは覚えてるんですよね。
三味線の音とか、拍子木の音が聞こえる中でのわくわくした気持ちとか、
畳の上で足を曲げ伸ばししたこととか、
隣のおばちゃんがにこにこ笑いかけてくれてたな、とか、
たらこのおにぎり食べたな、とか。
あの時は本当に畳に座布団で、それが無性に楽しくて。
もう二度とあの感覚はないのかなぁと思ってたけど、
それに近い、あの時の子供っぽいわくわく感をもう一度味わえて、幸せでした。
ただラフな格好で行くと、浮く。(当たり前)
西桟敷席から舞台。

自分の席がどこかわからなくなってさまよっているお客さんを、
鮮やかに、若干鋭く誘導する係の人たちがカッコ良かった。
西桟敷席から客席。

鳳凰マークの揚げ幕。
客席の椅子にも鳳凰マークがいっぱい。
ここから与平さんが・・・!(興奮)
西桟敷席から揚げ幕。

もはや暗すぎて、怖い。
桟敷席はお茶付きだったということがいいたくて撮ったんですが、
お盆に載った一式を写さず、ただの湯飲みと、
背景に同化したポットだけというわかりづらさ。
しかも、ペットボトルやらビニール袋、どかせよ、って感じです。
ちなみに袋の中は芋ようかん。(どうでもいい)
お茶。

では、またいずれ観劇感想書きます!
多分(っていうか100%)女殺油地獄が中心。

関連記事
2009.06
17


16:50
片岡仁左衛門一世一代にて相勤め候にて、
たまやん一世一代にて一人旅相勤め申し候ツアー報告

~歌舞伎座写真ギャラリー1~


遂に来た、歌舞伎座!
東銀座駅を出て本当に目の前。
圧倒的な迫力でそびえたっております。
歌舞伎座正面。


・・・時よ、とまれ!(ハンドパワー)
歌舞伎座さよならまでのカウントダウン。

一階には売店がたくさん。
松竹座であんなにちまちま売っているのが嘘のように、
みんなでわいわいと買い物を楽しめるスペースが。
歌舞伎グッズから、お菓子、お漬け物、草履まで何でもござれ。
お菓子を作る、草履を作る職人さんまでいるし・・・!
すごいぞ、歌舞伎座!
ちなみに、3階まで上がるといきなりカレー屋。
すごいぞ、歌舞伎座!
たくさんのお店屋さん。


活気づいていて、その場にいるだけで楽しい気分に。
一人で見に行ってても、観劇前後に寂しくない!
本当に素敵な小屋です。
賑わい。

二階からちょうど劇場入り口を見下ろせるところ。
向こう側に見えるのは、小さな松本金太郎展。
可愛らしいサインなどが展示されています。
そして、その周りには立派な胡蝶蘭たち。
2階。

関連記事
2009.06
13


20:15
先週あたりから、ブログパーツの瀬奈さんが、
私の視界から消えました。
誰か、助けて下さい・・・!(自分で何とかしろ)


というわけで、続きの第2幕感想です。
こんな長文書いてる時に限って、文書けない病が再発しました。
もうこれ以上言葉が出てこない状態に陥ってます。(危ない)
もう1度観にいきますが一応これをまとめ感想として、
しばらく(って言っても10日くらい)エリザベートの話は封印します。
次回からはしばらく、誰も待ち望んでない歌舞伎の話題を展開するはず。
::more
関連記事
2009.06
13


09:15
グーテンターク、1階席。
およそ4ヶ月ぶりの1階席に、意気揚々と挨拶。
・・・したのはいいものの、待ち望みすぎたためか、
心拍数が止めどなく上がり続け、生命の危険すら感じました。(ファイト)

では以下、今までのまとめらしき感想です。
需要もないのに、今回は場面毎にしてみました。(=長い、うっとうしい)
というわけで、すいませんが2部構成。

ちなみに、今までの感想↓
感想その1(通常編瀬奈トート編
感想その2(通常編瀬奈トート編
感想その3(一言のみ)
水トートと瀬奈トートについての文

↑を改めて読んでみて、
それぞれが恐ろしいほど矛盾しまくってることに気づきましたが、
それだけ観る度に深みにはまっていったんだと思ってください。
そして、今からさらに矛盾を重ねます!(何故堂々)

以下、1幕の感想。

::more
関連記事