FC2ブログ
美の歴史
RSS
Admin
Archives

☆だんだらだらだら☆

記憶力がないアラサーのブログ。演劇/ミュージカル/宝塚/歌舞伎/映画/美術館/フィギュアスケート/JAZZ/大阪万博/食べ歩き/カメラ(OM-D E-M10 mark2) などの話題。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2009.09
30


22:17
ちょっと前に書いたこのタスクはどうなったんやー。

・VIVA語り
・六月大歌舞伎の感想
・コクーン歌舞伎の感想
・テレビ観劇の一言感想
・アイーダ感想
・花組感想

たった1こしか完了してない・・・(愕然)
花組なんて、見に行ってさえない・・・!
毎度毎度、有言実行できなくて、すいません。
明日から学校だったりしますが、
さほど忙しくもないので、また追々書かせていただきます。

で、それはそれでおいといて、また思いつきで書いてみる!
(立ち直り、早い)

Uwe!! ! das Beste aus 20 Jahren

さてさて。
麗しきUwe Kroeger氏は、
エリザベートにとことんハマりこんでみる。シリーズ(たまやん企画カテゴリからどうぞ)
でもお馴染み、ドイツ語圏ミュージカルを代表する役者さんです。

たまやんがいかにしてUweさんに惚れたかは今回おいといて、
UweさんのCD(2006年発売)について少し書いてみます。
実は、前のブログではちらっと書いた話題ではあるんですが、
昨日久々に聞いて、いとしさが募り、
今、無性に書きたい気分なので、書かせてください。
読んでくれる人はいるのか・・・。

ちなみに試聴はドイツアマゾン、こちらから。

収録曲は以下の20曲。
1. Starlight Express(『スターライトエクスプレス』より)
2. Der letzte Tanz(『エリザベート』より♪最後のダンス)
3. Die Schatten werden länger(『エリザベート』より♪闇が広がる)
4. Sweet Transvestite(『ロッキーホラーショー』より)
5. The wind bneath my wings
6. 17 Stufen
7. Mein Gott, warum?(『ミス・サイゴン』より♪神よ、何故)
8. Sunset Boulevard(『サンセット大通り』より)
9. Wie Kann Ich Sie Lieben?(『美女と野獣より♪愛せぬならば』)
10. Willkommen(『キャバレー』より)
11. Wie kann es möglich sein? (『モーツァルト!』より♪神よ、何故許される)
12. Sweet Victory Divine("Napoleon"より)
13. Wenn ich tanzen will(『エリザベート』より♪私が踊る時)
14. Stern(『レ・ミゼラブル』より♪星よ)
15. You saved my life
16. Written in the Stars(『アイーダ』より♪星のさだめ)
17. Was hat sie nur an sich?("Wild Party"より)
18. Nicht aus Stein("3Musketiere"より)
19. Das Phantom der Oper(『オペラ座の怪人』より)
20. Gott, warum?(『レベッカ』より♪神よ、何故)

ブックレットには歌詞記載なし。
それぞれの役柄に関するUweさんのメッセージと、
Uweさんの写真がいくつか載っています。

では以下、適当に色々と語ります。(ドイツ語圏ミュージカルの知識はあまりなし)
多分、ほぼ全部youtubeで映像つきで見れると思いますが、
べらぼうに記事が長くなりそうだったので埋め込んでません。
::more
関連記事
スポンサーサイト



2009.09
29


16:54
大きな声では言えませんが、
実はちょっと前、あるものにデビューしました。(思わせぶり)
以下、その話が続きます。

::more
関連記事
2009.09
28


18:09
『アイーダ』

瞳子さんの退団前、
シルバのぬいぐるみを所望していた瞳子ファンの母が、最近、
瞳子さんがドラマに出るなら、『水戸黄門』が良と言うようになりました。
・・・色々と複雑な思いを抱えるたまやんです。

さて。
いきなりですが、みなさんにとって、
観終わった後しばらく動けなくなるくらいの衝撃を受けた作品や、
舞台ってこんなに面白いんや!と知る転機になった作品は、何ですか?

多分私にとっては(宝塚に限定するならば)
まず、宝塚雪組初演『エリザベート』。
多分見た当時、全く意味がわかってなかったと思います。
でも、ただ一つ今でも覚えてるのは、
トドルキーニが「おじさん、早く座りな!」と、
2幕に遅れてきたおっちゃんにアドリブを飛ばしたこと。(そこか)
舞台から客席に話しかけてくれたのが、子供の私には一番嬉しくて
舞台の上と客席って繋がってるんや!ということを発見した。

次が、宝塚月組『ウェストサイドストーリー』
初めて、ミュージカルを観た気がした。
(エリザベートは意味がわかってなかったので)
もうとにかく、すごかった。
鳥肌が立ちすぎて、寒かった。(大丈夫か)
泣きじゃくったラストシーンの後は、大階段も出ず、
いつものようなフィナーレもなく、
今まで観てきた名ナンバーのメドレーへとつながる。
まず、りかベルナルドがフェンスの向こう側からゆっくりとやってくる。
それだけで何故か泣けた。
フィナーレのないカーテンコールに、どれだけ盛り上がったか。
どれだけ大きな拍手が注がれたか。
この思い出は絶対に忘れません。

そして、それにプラスしてオギー作品のいくつかや、
ピンパーネルも印象深くはあるけれど、
やはり近年の一番は『王家に捧ぐ歌』だと思う。
色々つっこみどころはある、いやありすぎる。
でも、それを超えた次元で、良い、と思えた。
理屈では片付かないエネルギーに満ちて、
謎の歌詞や台詞に勝利しているように見えた。
というか、出演者のエネルギーが作品全体を包んでいるのを見た。
そういう意味で、本当にキャストあっての、星組あっての『王家に捧ぐ歌』だったと思う。

・・・ということで、キャスト好演に支えられ、良作となったアイーダ。
今回、新しい演出、キャストによって、果たしてどう生まれ変わったのか・・・!?
(前置き長い割に、普通すぎるテーマ)

では以下、ネタバレありの感想です。
::more
関連記事
2009.09
28


10:44
☆新人公演早見表 2001年~☆

はい、そうです。
たいして役立たない情報の第二弾です。(卑屈か)
DATABANKの方を長らく更新してなかったので、やってみました。
GRAPHとか歌劇の情報まとめは、
早めに就職が決まって暇で暇で仕方なくなった時にやらせてください。
(多分そんな日は来ない)


新人公演主役コンビのみ記しています。
(研○/●)というのは、○はそのまんまで研究科何年か、
●は主演回数を表しています。
初主演の場合は赤字で表しています。

::more
2009.09
25


16:48
Category : Web拍手。
今、録画してあった「派遣のオスカル」を見て号泣していたところです。

今更ですが、
「派遣のオスカル」
NHK総合 金曜22時~
BShi 翌週月曜18時~
です。
今日は第5回。(全6回)
個人的には、久々に大ヒットのドラマです!
田中麗奈さんが良いんですよね~。
コムさんも出てるので是非!

ちなみに、このブログで密やかに盛り上がった犬夜叉に関して。
「犬夜叉完結編」は、
<関東>10月3日(土)26時20分~(毎週土曜日)
<関西>10月5日(月)25時44分~(毎週月曜日)
※関西では初回のみ25時59分~
日本テレビ系
です。


では、以下拍手お返事です。
いつもありがとうございます☆
::more
関連記事