FC2ブログ
美の歴史
RSS
Admin
Archives

☆だんだらだらだら☆

記憶力がないアラサーのブログ。演劇/ミュージカル/宝塚/歌舞伎/映画/美術館/フィギュアスケート/JAZZ/大阪万博/食べ歩き/カメラ(OM-D E-M10 mark2) などの話題。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2010.05
30


14:22
瀬奈さんのAlive始まりましたね・・・そして終わりましたね。
(時間の流れについていけない)
私は見に行かず、家でちまちまと寂しく舞台写真を眺めてました。
そしたら、バリバリ男役な瀬奈さんやら、太ももちらっやら、色んな瀬奈さんが。
雑誌で読んだ、「男役から女性に移行していく時間もまたタカラジェンヌにしか経験できないから、
今この時間を存分に楽しみたい」というような言葉に表れてる瀬奈さんの感性が
そのまま具現化されてる感じ。

そんな中でもいちばん目を引いたのは、
桜蘭高校ホスト部のアリスパラレルっぽい瀬奈さん!(特異な連想)
何だこれは・・・か、可愛いじゃないか・・・!
早速、PCの壁紙に設定して、毎日まじまじと見つめております。(危険)

では以下、Web拍手お返事です。
更新頻度が低いのにも関わらず、
温かい拍手やコメントをいただき、畏れ多い気持ちです。
その気持ちの割にお返事が遅くなってしまってごめんなさいo(_ _*)o
::more
関連記事
スポンサーサイト



2010.05
29


18:14
前のブログではオギー語り用のカテゴリーを作って、
ショーやキーになる人達について、
自分の感じたままのイメージを書き連ねてました。

・・・このブログでもそろそろやってみよう。
(また後先も考えない思いつき)

だんだらだらだららしく、超不定期企画。
まずは、古いブログにも書いていた『パッサージュ』の修正版。
新しく書きました!と言ってもバレなさそう。
::more
関連記事
2010.05
29


14:51
古い話題をこうも立て続けに・・・(まだまだ続く)
プチミュージアムで、主に『ラストプレイ』『Heat on Beat』の衣装を撮ってきました~。
ちなみに、前回公演時のエリザベートはこちらです。


では以下、プチミュージアムの写真たち。
::more
関連記事
2010.05
27


20:56
『スカーレット・ピンパーネル』


初舞台披露のアナウンスが聞こえる。
え、瀬奈さんの声やん、何で?と混乱する一瞬。
・・・どういうわけか、越リュウさんの声に惑わされてたらしい。
何の未練も感じさせなかった瀬奈じゅんラストステージから早5ヶ月。
「瀬奈さんはもういない」というまさかの喪失感で、新生月組公演が幕開けた。


では以下、ネタばれありのいつの話やねん!的感想です。
まさきのショーヴランを見ていないので比較もできてないし、
特に今更ブログに上げる必要もなかったんですが、
途中まで書いて悔しかったので、メッチャ長文にした挙句無理やり上げる!(天の邪鬼)

ちなみに、星組初演のゆるゆる感想はこちら。
その1 その2 その3
キャラに迷いが見受けられますが、その辺りはスルーの方向でお願いします。
::more
関連記事
2010.05
20


17:19
「生の演劇」というものの儚さにすっかり気を取られて、
それを包み込む堅固な「劇場」は、まるで永遠に在り続けるような気がしてた。

歌舞伎座閉場の第一報。
最初で最後の歌舞伎座を目に焼き付けた弾丸ツアー。
相次ぐテレビや雑誌の歌舞伎座特集・・・
あの立派な劇場を目にすればするほど壊されるなんて信じられず、
役者さんだったり甘栗屋さんのおっちゃんだったり、
それを取り巻く人達の言葉を通じてのみ、それが果てある命だと知ることができた。

歌舞伎座4月公演千秋楽や閉場式の日、
ツイッターで歌舞伎座の閉じられる様子を確認してた。
目の前の状況を何とか形にしようと興奮したような、必死な言葉、
反対に、誰かを慰めるような優しい言葉が次々と現れては消えてった。
それは、慌ただしくもあり、
それでいてものすごく静かで厳かな、別れの儀式のようで胸がいっぱいになりました。

一方、目で見る歌舞伎座自体は相も変わらず潰える素振りも見せず、堂々たる姿のまま。
そんな歌舞伎座が、なじみ深い人達から歌舞伎を一度も観たことない人達にまで、
ケータイやデジカメで撮られて「保存」されていく光景もまた感慨深かった。

たくさんの人達による言葉で、写真で、
その名残惜しい最期と、どっしりとした存在感が伝えられていく。
それがとっても素敵に思えた。

これを機に、せっかく自分は劇場に通ってるんだから、
もっと色んな形で、色んな想いをつめこみながら、言葉に、写真に「保存」しようと思いました。
・・・もちろん劇場だけじゃなく、
身の回りにある普段儚さにあまり気づけないもの達全部に対しても同じスタンスで。

五月團菊祭


・・・というわけで、團菊祭夜の部の感想&写真です(前置きなげぇ!)
ちなみに。
・写真は今後撮りためた上で改めて何とかするつもり。
・昼の部も見に行くつもり。(ただし、倹約のため『河内山』は迷い中)

大阪松竹座(1)
撮り方まずくてすいません。
::more
関連記事