FC2ブログ
美の歴史
RSS
Admin
Archives

☆だんだらだらだら☆

記憶力がないアラサーのブログ。演劇/ミュージカル/宝塚/歌舞伎/映画/美術館/フィギュアスケート/JAZZ/大阪万博/食べ歩き/カメラ(OM-D E-M10 mark2) などの話題。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.01
30


20:49
今日は「東京タラレバ娘」を読みながらさめざめと泣いてた。(遠い目)
facebook見てるとみんなキラキラして女子力アップ!的なこと言ってて、
ライフスタイル本みたいで、嘘つくなや!と、ひとつも共感できないのに、
この漫画は1ページ1ページが心をえぐってくる。

というわけで、ご無沙汰しております。たまやんです。
何かもうこのブログ見てるそこのあなたとわたしは飲みに行きたい。(唐突)
キラキラ女子会じゃなく、とにかくこの世の中や人生について語りたい。
何なら、それぞれサシで飲みたい。(いきなり距離感近い)
そんな感じに、おそろしい「東京タラレバ娘」。
ホント、サシで飲みたい(しつこい)


さて、アラサーの人生について思いを馳せながらですが、
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
バタバタとしているうちに、いつの間にか2016年になっておりました。。。
感想とか書き溜めてるので、徐々に2015年を締めてまいります。
(ダイイングメモ並みに結論の前で切れてるどうしようもないメモがほとんど)


あ、『エリザベート』のキャスト発表されましたねー。
東京と地方、地方間でも、恐ろしいまでのばらつきが。。。
大阪はトート含めて、シングルが多く、
去年の東京での熱気が伝わってきてただけに、がっかり感が大きいかな。
『ダンス オブ ヴァンパイア』の時に実況板CDをゲットしたわけですが、
この中でも観れない人いっぱいいるもんなぁ…うーん。

CDざっと聴き。
井上くんの「わたしが踊る時」そうそうこれこれ感が半端ない。
この揺蕩うっていうか、寄り添いながら支配する感じ。
でも、闇広の高音とか、まとっていた「トート声」が消え去って、完全にルドルフに。
声が若いのもちょっと損かも。
お花様は聴き慣れ過ぎていて(宝塚×2、宝塚OGの過去3回分で)変な心地がしたり。
よく考えれば初代エリザベートなわけで。
色んな…色んな(万感の思いを込めて二度いう)経験を経て、
再び帰ってきたということに非常に感慨深いものを感じました。
読売演劇大賞(あまりあてにしてないけど)もノミネートされてましたね。
(蘭はなはボーナストラック扱いということで…色々あったのだなと察しつつ、
宝塚時代より随分と上手くなってた!)
たぁたんは初代ルドルフ→ゾフィーで、
シシィの息子からお義母さまっていう恐ろしい変貌の遂げ方。
井上くんだって東宝初代ルドルフ→トートだしな…。
時代の移り変わりに目を細めながらのざっと聴きでした。

いやー、それにしても松也が面白い。(いっつも言ってる気がする)
ロミジュリのまさかのベンヴォーリオの時も笑い転げたけど、今回もすごかった。
音だけなので、余計に浮かんでくる江戸の情景。
てやんでえ!とかいつ飛び出してもおかしくない世界観。
キッチュは手拍子よりむしろ合いの手入れたくなる感じ。
あらよっと!
とおちょくりつつ、普通に歌えている(伸びしろはまだまだあるように思う)。
少なくとも音だけでは、斜に構えつつも力み過ぎず、
自由に泳いでるように感じた。
育三郎が濃ゆく作り込んで、高嶋路線の一方で。
歌舞伎役者がここまでやってしまうのだ。
二代目こーぴろーを襲名する日が近いなと思いました。
本業の歌舞伎は、
お正月の各座ダイジェストで観るだけでもヤバさを感じさせるのですが、
(切られ与三の動きがロボっぽい)
今年も宮本亜門の『狸御殿』に出るようだし、今後ますます注目ですね。
2016年板は松也に代わって成河。
やはり『十二夜』でもお芝居の力量が際立っていて、
台詞も身動きも軽やかで小回りが利く感じだったので、
今までにはないより細やかで、切れ味の鋭いルキーニになるのではと今からわくわく。

あと、フランツの佐藤さんが立派になったなぁ、と母のような気持ちで聞いてた。
正直LE VELVETS自体にはソロ活動で色々思うところがあり、
実は誰1人歌えないんじゃないか疑惑を持ってた。
そんな中の佐藤さん@『タイタニック』。
第一声から想像以上のいい声で、衝撃。
と同時にマイペースかつ超棒読みにも目がテンになったわけだけど。
でも物怖じせず、けしてイケメンタイプではないのに、
そのおおらかさと恰幅の良さがいい意味で大物感を漂わせ、
ああきっとミュージカルで活躍できる人なんだと、そのころから予感させていた。
夜のボート。音だけで表情はわからない。
でも万感の思いをこめた言葉。
確実にステップアップしてた。
ああ、でも、この方も大阪にはご縁のない方なんですね…と思ったら、
こちらに出るらしい。
『スカーレット・ピンパーネル』
何役でしょうか・・・。
いつの間にか発表されてたスカピン。
キャスティングに何一つサプライズがない、
よくいえば、安定感のあるキャスティングですよね。
個人的には吉原ショーヴランがめっさ観たかったのですが…。

と、今日はひとまずここまで。
以下、かなり前にいただいてたWEB拍手お返事です。
おまたせして本当に申し訳ありません!!
★桜月さま
コメントありがとうございます!大変遅くなり申し訳ございませんでした!!!
桜月さんのおすすめショー作品、教えてください!
(おそらく趣味がかなり似ていますよね…!と勝手に親近感)
「ファンシー・ガイ」(大劇場版ですが)今日、改めて観ました!
ホモでした!(そこを確認したかった)
「伯爵令嬢」「ニジンスキー」は来月スカステでやるらしいので、観ますね!
ちぎはクラシカルな姿も素敵ですよねー!
黒燕尾がちゃんと似合う男役さんというイメージです。
るろ剣は観に行けそうなので、楽しみにしています!!
関連記事