FC2ブログ
美の歴史
RSS
Admin
Archives

☆だんだらだらだら☆

記憶力がないアラサーのブログ。演劇/ミュージカル/宝塚/歌舞伎/映画/美術館/フィギュアスケート/JAZZ/大阪万博/食べ歩き/カメラ(OM-D E-M10 mark2) などの話題。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QRコード
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2016.07
16


11:20
cpl73a000000rnd7.jpg

『ドン・ジュアン』観てきました!
のぞみふうとオンステージでした!
正直全くニンじゃない役でも、だいもんすげえな!と思わせる力技。
優等生的にうまいと思っていた歌もいまやドヤ感に磨きがかかり、
宝塚では怖いものなしくらいまで上り詰めてた。

以下、簡単な感想です。

内容はほぼない。
基本的に、ずーっといちゃこら→純愛に目覚める(衝撃!)→決闘しか物語の動きがないので、
睡魔ポイントが罠のように張り巡らされていて、
うとうとしかけたら、騎士団長の幽霊(香綾しずるさん)が出てきてばっちり目覚めるの繰り返し。

フレンチミュージカルらしく、愛とは〜的な歌が要所要所あるのですが、
語るだけで物語が紡がれず、つらい。
しかもその肝心のメロディーも、耳にすぱんと飛び込んでくるようなものがなく、
なんていうか…眠い。
宝塚のスペインものにありがちというか。
いまにもライラライラ(by『激情』)言い始めそうな。
そう、曲だけじゃなくて、セットも衣装もいかにも宝塚でやるコテコテのスペインものって感じ。
引くところがなく、ごちゃっと盛られていて、海外ミュージカルらしい抜け感や新鮮味がなかった。
あと、フラメンコがすごいと聞いてたけど、普通だったかな。
序盤の騎士団長とドン・ジュアンの決闘シーンの、騎士団達のサパテアードが1番印象的。
ちなみに、ずっとフラメンコ祭りなのに2幕後半、何故か突如タンゴに変わる。

というわけで、出演者も含め、
全体的にパワーで押してます!頑張ってます!感が伝わって、バウっぽかった。
わたしの勝手なイメージにある、ある程度引き算された、ちょっと大人なドラマシティ作品とは違ってた。
ちなみに、フランス版が全編youtubeに上がってます。
気に入られた方は是非!
(けど、今パソコンが重すぎて全く埋め込めない。そして比較する元気もない。)

***
だいもんはニンじゃないプレイボーイ役も巧くこなし、
後半の純愛に目覚めてからはいかにもだいもんらしく硬軟自在で素敵。
(途中、ふと、あ、だいもんで「ヴァレンチノ」観たいと思った。)
元々安定感のあった歌はさらによく響いて、ドラマシティを軽く掌握する独壇場。
だいもんのハイスペックを確認するための作品ですね。
というか、逆に言うと、この実力を持ち、
しかも今ぶっちぎりの勢いを見せるだいもんだからこそ、
この作品が何とか成り立ってるわけで、
宝塚のレパートリーに加えるにはかなり難ありだなと思いました。

友人のドン・カルロ(彩風咲奈さん)は、エルヴィラに片思い中らしく、
もっとうまく絡んでくるかと思いきやしどころのない役。
永久輝せあさんはドン・ジュアンの恋敵のラファエル。
ふたりとも歌は破綻ないし、ビジュアルも美しいのに、
押し出しが弱く、印象に残らなかったのが残念。
特に、ラファエルは一応恋敵なので、もう少しだいもんと張り合うイメージが欲しかった。
しかし、顔は美しかったな…。(瀬奈・紅ラインですよね…)

娘役はマリア、エルヴィラの大きな二本柱でむしろ男役より重要。
エルヴィラの有沙瞳さんは歌が安定している一方、
もっと芝居で見せれるはずなのに、と惜しかった。
修道院から出て、ドン・ジュアンの妻になり、娼婦まがいのことまでして…
みたいな、ドン・ジュアンへの狂信的な熱情みたいなものが薄く、
芝居がこざっぱりとしているのに出てくる度にすごいことし始めるからサイコホラーだった。
るろ剣 弥彦で出番の多さにビビった彩みちるさんは、ヒロイン 彫刻家のマリア。
わ、若い…!(当たり前)
かといって、フレッシュ!って感じでもなく、ののすみみたいにこなれた感じでもなく。
ドン・ジュアンが「愛」を知った唯一の女性という説得力には欠けた。
歌もまだまだ危なっかしかったけど、これからぐいぐいくるんでしょうね!
あと、ドン・ジュアンと少しだけ絡むアンダルシアの女(煌羽レオさん)の腹筋がいい仕事してました。

今回のMVPはもちろんだいもんなんですが、役柄的には、騎士団長の幽霊。
幽霊、めっさ出る。(呪怨並み)
というか、俊雄もびっくりのフットワークの軽さ。
『ドン・ジョヴァンニ』でいう石像はかなり限定された出方で、出囃子もラスボス感満載な一方、
重々しさ0でお呼びでないのにめっちゃ来る。
そもそも石像とはリンクしてなくて、マリアがいきなり自分で作った騎士団長の石像を叩き壊して、
むしろマリアが呪われるんじゃとハラハラしたけど、
騎士団長、全然気にしてなかった。(ポジティブ)
しかも、ドン・ジュアンの決闘前にはテンション上がりまくりで、
奇声あげるわサイケなダンス踊るわ、
むしろ生前よりバイタリティ溢れてて目が離せなかったです。
ちなみに『ドン・ジョヴァンニ』の石像も色々あって楽しくて、学生時代探ってた。
(でも一向にパソコンが動かないので埋め込めない)
パソコン復活したら石像動画特集、追加しますね(いらん)
関連記事